美味しいウェディング料理を提供する方法を伝授

新郎新婦に希望を聞く

お酒

規模などを把握しましょう

結婚式における二次会は現在、多様化しています。ただの飲み会とは違い、披露宴の代わりに行なう人も増加してきています。結婚式や披露宴に招待できる人数には限りがあることから、二次会に招いて披露宴の代わりにするカップルも多いのです。結婚式の二次会の幹事を任せられた場合には、新郎新婦とどのような二次会にしたいのかの打ち合わせを行なうことが大切になります。幹事の役割は多岐に渡り、会場の予約から、イベントの構成、当日の仕切りなどすべてになります。一人では手が回らない場合には、数人で協力して幹事を行なうとよいでしょう。また、最近では結婚式の二次会専用の会場を提供してくれるレストランなども多く登場しています。このような場所を利用すると、お店側が会場の設営などをすべて請け負ってくれるため失敗のない二次会になります。幹事として無事に二次会を成功させるためには、新郎新婦の希望はもちろんのこと、ゲストを気持ちよく迎えることや、最後まで楽しく過ごしてもらうことが大切になります。これらを達成するには、綿密な準備が必要になるのです。会費の設定や料理、イベント、使用するBGMや入退場の曲までをゲストの立場に立って考えることで、楽しく印象に残る二次会になるでしょう。新郎や新婦は結婚式の準備で当日まで忙しいため、希望を聞いたらできる限り、幹事側がすべて行なうのがよいでしょう。また当日の流れが固まったら、予め新郎新婦に報告をしてオッケーを取るのも大切になります。近年では、結婚式の二次会を企画し行なってくれる二次会幹事代行会社も存在し、忙しい人や友人に幹事を依頼するのに気が引けるという人が多く依頼しています。